きんとと家は京都の清水寺の近くにある、金魚と和をテーマにした和風創作雑貨店です

きんとと家 家長の山田です!
初めての方に「きんとと家」を紹介させてくださいね。
創めるきっかけ
私自身 本業は電気屋を営んでいます。しかし、
「金魚が好き。洋服が好き。和が好き。」商売が好きな私は、好きな事だけで商いがしたい!という思いに駆られました

まず初めにかわいい金魚の手描きTシャツに出会い、そこから、金魚柄のアロハ、ベルト、ハンチング、シザーバッグ、携帯ケース、IPODケース等、
和柄とはミスマッチでも、自分が欲しいと思うものを作家さんや縫製業者さんと共に、2005年秋頃、作り始めたのがきっかけです。

前身である「やまだ商店」で売り始めると、かなりの反応がありました。

ためしに、清水坂の自宅のまえで露店形式でも売ってみたところ
「京都らしくていいわ」「また来るし」「ぜひ店して」等の声を真に受け、
調子に乗って2006年3月11日に自宅の和室の内装を、ほぼ夫婦で改装し、いろんな方に助けて頂き『和趣 きんとと家』として店舗オープンしました。

もちろん電気屋は、今も掛け持ちしてがんばっています。

プロフィール
私のプロフィールもちょこっとご紹介!
山田 英明(山田デンキ 3代目)
1966年生まれ  ひのえ午 てんびん座 AB型
趣味:サッカー観賞・熱帯魚、金魚飼育・妄想!?・人間ウォッチング
好きなもの:スーパー銭湯・焼酎のお湯割り・プリン・お笑い
性格:超前向き!?短気・わがまま
将来の夢は
[きんとと家]をJapanese Tasteのオリジナルブランドとして確立する。
皆様の声を最大限に反映し、タイムリーで斬新な、喜んでもらえる物創りをする。多くの方に見てもらうために、多店舗展開する。
そのために、毎日楽しく頑張りますので、これからもよろしくお願いします!